メニュー 閉じる

外装施工&塗装

塗装工事

塗料の耐用年数自体にもよりますが塗り替え時期の目安として、一般的に10年前後となっております。塗装は外観だけではなく、建物を雨風や紫外線から守り、日々私たちの生活を支えている重要な役割を果たしています。

塗装が落ち、防水効果が失われ劣化症状をそのまま放置しておくと雨水等が柱や梁を腐らせ、雨漏りやその他様ざまな大きな損害につながり、大規模な修繕工事が必要になる恐れもあるので、定期的な点検や補修が必要となります。

塗装工事の重要性

建物の保護

外壁の防水性能を蘇らせる

外観を良くする

建物は完成したときから絶えず日光(紫外線)や雨、風にさらされ続けています。
当然外壁を覆っている「塗料」や「屋根」「シーリング部」などは年数が経つにつれ経年劣化していきます。
外壁塗装は、「建物の美観を保つ」ということも重要なのですが、それよりも重要なことは、「防水性を高め、建物の寿命を延ばす」ことにあるといえます。
ですので、長く住み続けられる家にしたいという方には、塗装をお勧めします。

Q、何年経ったら、塗り替えが必要なの?

A、明確な答えはありません。

これは、お客さまの家の周辺環境によって大きく変わってくるからです。
ですが、合図があります。ぜひ、チェックしてみてください。

1つでも当てはまったら、無料調査をお勧めします!

弊社では、現場調査を無料で行っています。
簡単なチェックでは、分からない部分もたくさんあります。
水漏れや雨漏りが原因で起きている場合もありますので、ぜひ無料調査をご活用ください。


お問い合わせはこちら